業者によって下取り価格って違う?

車06
最近では買取専門業者を利用して車を売却することができるようになり利用者も多くなっていますが、依然として新車の購入と同時に販売店に売却するケースも多いと言えます。新車の購入が前提で行われる買取ですから、全てのディーラーが同じ条件を出すことは無いと言えます。                                                                                               
査定基準に関しては買取店とは異なり査定本を基に決められていきますが、ディーラーではメーカー同士の思惑が出てくるため、ディーラーごとに査定額が異なるのです。メーカーではシェアを獲得することが重要ですから、特定のメーカーからの買い替えには奨励金や対策金を出す場合があります。                                                                                                 
査定額に上乗せを行い新車の購入がしやすい状況を作りますので、ディーラーによって査定額は異なるのです。ライバルメーカーからの買い替えには好条件を出すことが多いと言えますが、市場の動向を反映する買取店の査定額とは性質が異なるのです。                                                                                                                          
下取りは新車の販売を前提に行われるものですから、同じ車種を査定に出しても購入する車種によって査定額が変わることもあります。在庫車の処分を進めたい場合や、ライバル車よりも販売台数を増やしたいなど、新車販売の動向によって査定額が変わるのがディーラー査定の特徴なのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。