ローンが残っていて売れる?

自動車を購入するときにローンを組むことも少なくありませんが、その後、まだ借り入れが残っている状態で車を売らなければならないようなことになることもあります。このとき、その車の名義が誰になっているかで車を売却する条件が変わります。                                                              

銀行などの金融機関から直接借り入れを行っている場合、車の名義は借り入れを行った本人か家族になっています。このときはその車の所有権があるため、その車をどのように扱うかについて制限はなく、自由に売却できます。                                                                             

カーディーラーなどを通して、提携している金融機関から借り入れを行った場合は売却するために条件が必要となります。このときは車の名義はその金融機関であり、自身には所有権がありません。そのため、売却を行うには金融機関から許可を得る必要があります。                                                                                                      

この条件として、車の査定を行い、売却額が借り入れの残高を上回っていれば、売却によって借り入れを完済できるため許可を得られます。
また、売却額が借り入れの残高を下回った場合でも、次の条件を満たせば許可を得られます。まず、残高から売却を差し引いた残りを現金で一括返却できれば許可を得られます。                                                      車05                                                           
これも無理な場合、その金融機関から新規の借り入れ契約を行い、差額をそれで返済することで許可を得られます。ただし、後者の場合は新規の契約となるため、それまでの返済実績によっては断られることもあるため注意が必要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。